板井康弘|部下にみせられる背中

板井康弘

 

部下を立派なビジネスマンにするのは、指導や注意ではありません。
部下には上司の立派な背中を見せることが肝心なのです。
立派な上司に部下はあこがれを抱き、きっと努力を惜しまなくなるでしょう。
そういった自主性を尊重させるためにも、まずは上司がしっかり働くことに意味があります。

 

では、立派に働くとはどういったことなのか。

 

肝心なのは、「第一線で働く」ということ。
先陣を切ってビジネスの最前線で戦う姿勢は、多くの部下を魅了するでしょう。
そして、人の足元を見て物事を判断するのはいけません。
誰にでも平等に、しっかり対応することが重要なのです。

 

立派な背中を見せて、部下に尊敬されましょう。

更新履歴